マンション リフォーム 業者 選び方の具体例

MENU

リフォームのタイプ分け

リフォーム業者にタイプがあるように、リフォームの内容もタイプ別に分けることができます。

 

例えば、増築は今の住まいにスペースを増やすリフォームです。
床面積が増えるので、家の中の物が増えたときなどにも便利です。

 

改築では、家の中の構造を変えることになります。
部屋と部屋を区切っていた壁を取り払って1つの部屋にしたり、
キッチンを改造したりといったリフォームをするお宅はたくさんあります。

 

増築して部屋が1つ増えるよりも、改築したほうが家のイメージが一新するかもしれません。
修理のリフォームは、ダメージを受けた箇所を直すのがメインです。
雨漏りするようになった屋根を修理したり、壁に開いた穴を埋めたり、
壁の塗り替えなども修理リフォームの一種です。

 

 

お宅によっては、これらを組み合わせたリフォームをすることもあるでしょう。
住宅の使い方は、ご家庭の事情によって異なります。

 

よくあるリフォームをする方法もありますが、
今までにないリフォームのアイディアを業者に相談してみることも可能です。

 

家に住むのはリフォームを依頼する人ですから、
その希望を叶えてくれるリフォーム業者を探して夢を実現してもらうのが、
理想の住まいへの第一歩です。

リフォームをする前に検討すること

初めにイメージを明確にしておきます。 リフォームしたい場所、気になるポイント、などを 紙に記載しておくと業者と相談するときに役立ちます。 事前に用意しないで工事を依頼した場合、 あとから追加でリフォームしたい箇所が出てきたり、 不要な場所まで依頼したりすることが多くなります。 特にあとから追加で注文する場合、無駄な手間がかかって費用が高くなる可能性があります。 台所周りのリフォームをするなら、 システムキッチンの導入、ガスコンロの種類、食器棚や照明器具のタイプ、 デザインやカラーなどの概要を決定しておきます。 すべての箇所をリフォームするとなると相当に高額になるので、 費用を考慮したうえで優先するべき作業を決定しましょう。 リフォームの前の下準備では、現在の住宅の詳細なデータを入手することから始めましょう。 建ててからの年数、作業する箇所の広さ、建ぺい率などは把握しておく必要があります。 そして、かかる料金の目安が分かったら、どのような支払い方法にするかも決定しましょう。 リフォームローンを活用すると、高額な工事にも対応できます。 そして、リラックスできる時期にリフォームを依頼することも大切です。 妊娠・出産や受験シーズンなど、精神的に落ち着かない状況は避けるようにするべきです。

リフォームと建て替えはどちらが得か

リフォームと建て替え、単純に考えればリフォームのほうが低費用で済むと誰もが思うでしょう。
建て替えには、今ある家を取り壊して建築し直す大掛かりな工事が必要な上、
工事期間中の仮住まいを用意する必要もあります。

 

基礎を残して改築するにしても、一千万円から数千万円の費用はかかることが予測できます。
これに対して、部分的に修理をするリフォームの場合は、
あくまでも一部分あるいは数箇所の工事ですから、
数十万円から数百万円程度の費用で済むでしょう。

 

 

ただし、何箇所もリフォームする必要がある場合には、この限りではありません。
建て替えたほうがいいというくらい費用がかかってしまうこともあるので、
一概にリフォームと建て替えのどちらがお得かと決めることはできません。

 

一般に、建て替えをするのは、数十年程度住んだ後のことになるでしょう。
そのくらい住宅の築年数が経過していると、一度や二度はリフォームをしたことがあるかもしれません。

 

せっかくリフォームをしたのに、やはり建て替えをすることになるのでは、
リフォーム代を損したような感もあります。

 

お得なリフォームをするには、しっかり業者選びをし
、建て替えをせずとも長持ちする家づくりをしていくことです。

大手ハウスメーカーの一括見積りを比較してみましょう。

ハウスメーカー一括見積