リフォームローンとリフォーム費用

MENU

リフォームローンとリフォーム費用

リフォームの予算が足りない場合は、リフォームローンを借りることが可能です。もちろん審査はありますが、少しずつ費用を返済していけるのは便利です。思っていたよりも多めに費用がかかってしまうこともありますから、そんなときもリフォームローンがあるのは助かるのです。リフォームローンの特徴に、概して金利が低い、長期返済ができる、審査に通りやすいというメリットがあります。一箇所だいたい数十万円から百万円単位でお金がかかるリフォームですから、ローンを上手に活用したいものです。工事の内容によっては、数百万とか一千万という単位で費用がかかるリフォームもあります。倹約家のお宅でも、このくらいのお金をリフォームのために貯めていることはあまりないでしょう。リフォームローンには公的機関と民間業者があるので、それぞれのメリットやデメリットを把握して選んでください。実際にどのくらいリフォームローンを利用するとよいかは、リフォーム業者が提案をしてくれます。無理のない返済ができるように借りるのはもちろんですが、リフォーム以外にかかる諸費用も頭に入れてお金を借りるようにしましょう。リフォームに当たって一時的に仮住まいの転居をすることになったときなど、余計な出費がかさむものです。

どんなリフォームローンがあるか調べてみよう

作業を始めると、予定していたよりも高額な費用が必要となることもあり、
リフォームローンを活用する人もいます。

 

リフォームローンは、住宅金融公庫・財形のほか、
クレジット会社・銀行などでも用意しています。

 

公的機関と民間機関では条件や金利が異なるので、
初めに各機関の内容や特徴を知っておくのがよいでしょう。

 

公的機関のローンは、金利が安いのが最大のメリットです。
条件によっては特別融資や割増融資も可能となります。

 

しかし、リフォームの内容や面積など、規定が厳しいので審査に通りにくくなっています。
クレジット会社や銀行の場合は、金利は高めに設定されています。

 

その反面、公的機関と比較して融資における条件が甘くなっています。
理想的なのは公的機関のローンですが、
審査に落ちた場合にはクレジット会社や銀行を利用することになります。

 

■リフォームローンの月々の支払額の目安
月の収入の15%以下です。
この額を超過すると、生活面に支障が出てくるとされます。
ローン返済のために生活が苦しくなるような状況は避けるべきです。

 

完済期間については、あまり長くなると総支払額が増えてくるため、
だいたい10年をめどとしてローンを組み立てましょう。

 

■リフォームローンの種類
有担保融資や無担保融資のほか、団体信用生命保険に加入可能なローン、
優遇措置が保証人なしで適用になるローンなどがあります。

 

 

リフォームと住宅ローン控除

新しく家を建てた場合に適用となる制度だと考えている人が多いようですが、改築・増築、古い家のリフォームなどにも適用となるのです。
現在は住宅をリフォームして住み続ける人が増えたため、非常にメリットの大きい制度だと言えます。
本来であれば平成20年で終わるはずの制度でしたが、税制改正(平成21年)によって制度の存続が決まりました。
今後は内容の変化に伴い、さらに制度が発展していくことが予想されます。
古い制度は控除額が最高160万円でしたが、新規の制度は最高500万円(長期優良住宅は600万円)まで控除額がアップしました。
所得税からは最高で年末ローン残高1%が控除されます。
適応になる条件は、暮らすための住宅(自己所有で取得から半年以内)であり、100万円以上の工事費、50平方メートル以上の床面積となります。
また、一括でなく住宅ローンを活用する場合に限定されます。
住宅ローン控除は、さまざまなリフォーム工事に利用できます。
省エネ住宅、バリアフリー、耐震補強などにも活用できます。
ただ、細かい規定や条件があるため、すべてのリフォーム作業に適用とはなりません。
建ててからの年数、耐震証明書の取得なども必要な条件となります。
適応の有無については、事前にリフォーム業者とも話し合いながら決定するべきでしょう。

リフォームローンとリフォーム費用関連ページ

マンションリフォームとリノベーションの相違点
マンションリフォームとはどんなことか
マンションリフォームするのはどんなときか
マンショ,リフォームすべき築年数
リビングのマンションリフォーム,
トラブル時の責任所在
質の良いマンション,リフォーム,業者に依頼しても、思い通りの工事をしてもらえるケースばかりではありません。想定外の事故が起こることもあり、そのとき誰が責任をとるのかでトラブルになることもよくあるのです。問題を起こさないようにするために
トイレのマンションリフォーム,のコツ
キッチンのマンションリフォーム,
リフォーム業者の得意分野
自分がしたいリフォームは、その分野が得意なリフォーム業者に依頼するのが一番です。そんな最適な業者を探すには、実績を知る必要があります。業者も商売ですから、この分野は苦手ですとは敢えて言いません。得意な分野については積極的
リフォーム業者の言いなりは避けよう
リフォームをするときには、漠然とした気持ちで業者に依頼することはあまりないでしょう。誰でも、ここをこうしたいというリフォームの夢があるのではないでしょうか。しかし、そんな夢を持っていてすら、リフォーム業者の営業に乗って余
リフォーム業者のタイプ分け
リフォーム業者は日本全国に数多く存在し、業者ごとに得意な分野も異なるものです。自分がリフォームしたい工事を得意とする業者に頼めば、リフォームの成功に期待が持てるはずです。そこで知っておきたいのが、リフォーム業者のタイプで
リフォーム業者のアフターフォロー
希望に近いリフォームが出来て、これでもう安心と思ったら大間違いです。リフォームというのは、工事をしたらそれで全ておしまいという作業ではありません。リフォーム後にはまたすぐにそこで暮らすことになり、その時点で新たなリフォー
リフォーム業者との予算相談
便利な時代になり、ホームセンターで道具や材料を買ってきてDIYでリフォームするという人も増えつつあります。とはいえ、ほとんどの人は、リフォーム業者に工事を依頼するのではないでしょうか。その際、必要になってくるのが、予算の
リフォーム業者が知り合いなら
もしも知り合いにリフォーム業者がいたら、費用や工事内容をサービスしてもらえる可能性があります。そのために、全く知らない業者に依頼するより身近な業者に相談する人もいるでしょう。そんなとき注意しておきたいのが、希望する依頼内
リフォームローンにはメリットもデメリットもある
長年住んでいた家が古びてきたり、破損箇所が出てきたりして、リフォームしたいと切に思うときもあるでしょう。しかし、リフォームをするとなったら、DIYでもそれなりに費用がかかります。予算がないからあきらめるのは、毎日暮らす場