サーキュレーターで節電について

MENU

サーキュレーターで節電について

家庭内でかなりの消費電力量がかかると思われるのがエアコンですよね。

 

出来る限りエアコンの使用を制限して、節電を行いたいのですが、ここではサーキュレーターを活用した節電方法を紹介しましょう。

 

サーキュレーターは、扇風機よりは換気扇に近い感じで、効率よく屋内の空気を循環させることができる家電で、エアコンの節電にかなりの効果を期待することができるのです。

 

ここでは、エアコンと同時にサーキュレーターを運転させる方法での節電を行なうのですが、冷房の場合は設定温度を1℃高くするだけでも10%くらいの節電効果を期待することが可能なのですよ。

 

具体的にどの様な方法でサーキュレーターを活用するといいのでしょうか。

 

サーキュレーターの効果的な使用方法についてですが、エアコンの風向きをサーキュレーターの風によって変更してより快適に空間が涼しくなるように、さらに対象となる人に、エアコンの風が直接当たるように工夫をしましょう。

 

ここではサーキュレータの設置場所は、エアコンの設置場所によって変わってきますので、自宅のエアコンの場所、さらにはエアコンの風がどの方向に向かっているのか、その場合のセーキュレーターの設置場所をどこにするのかでも、かなりの節電効果を期待することができます。

 

設定温度を1℃高くしても、風が当たることで体感温度は低くなりますので、涼しさを損なわずに消費電力量を削減できます。

 

ですがエアコンの風などを長時間体に当たり続けていると、どうしても健康被害を及ぼす可能性の考えられますので、この点に関しては注意を怠らないようにしましょう。

 

次にエアコンとサーキュレーターの同時活用で、暖房にした場合にはどの様な使用方法があるのか考えてみましょう。

 

暖房を使用しているとき、冷房の時とは異なり、暖房の場合は、どうしても床の温度は高まりにくいという傾向にあります。

 

床の温度と天井とを比較すると5℃から10℃も異なることになるのです。

 

ですから暖房とサーキュレーターを同時に活用する場合には、全体に温かい空気がまんべんなく行き渡るように気をつけて使用するようにしてみましょう。

 

そうすることで、暖房の設定温度を1℃低くたとしても全体に暖かさが行き渡り、少しの暖かさも損なうことなく、部屋を快適な空間にすることが可能となりますので、かなりの節電を期待することが可能となるのです。

 

このようにエアコンと同時に使用することでかなりの節電が行えるサーキュレーターの値段ですが、平均的に2000円から4000円位では購入が可能となっております。

 

サーキュレーターは、一般的な製品で1時間あたりの電気料金は0.6円くらいとかなり安価で使用することができるのです。

 

中にはサーキュレーターの微妙な振動音を嫌がる人もいますが、このような人におすすめのサーキュレーターは静音設計がされているタイプの上位の製品を購入すると良いのではないでしょうか。

 

エアコンを単独で使用するよりも同時にサーキュレーターを使用することでかなりの節電をすることができますので大変おすすめとなっております。