ブレーカーやコンセントの上手な節電術

MENU

ブレーカーやコンセントの上手な節電術

節電を行なうにあたって、ちまちまと行なうよりもより確実に電気を節電することができます。

 

それはブレーカーやコンセントを活用する方法となります。

 

それを行なうことで、各機器の節電を行なうことなく、一発で全ての電気を節電することが可能なのです。

 

たとえば、ブレーカーの節電に関する方法なのですが、行なうことは非常に単純なことです。

 

家にいない場合、外出をする場合などには、大元であるブレーカーを下ろせばいいのです。

 

簡単ですよね。

 

そうすることで、留守中自宅の家電は一切の使用がストップしますので、節電にかなりの効果を挙げることが可能となるでしょう。

 

さらに帰宅後、ブレーカーを元に戻せばいいただそれだけのことなのですから、大変簡単に節電を行なうことができますよね。

 

たったそれだけのことなのですが、留守中の全ての電力を消費することがありませんので、わずかな電気を節電することになり、
かなり節電効果が期待できるのではないでしょか。

 

ただしブレーカーを落とすという方法を取り入れる場合に注意をする必要がいくつかありますので、確認をしておきましょう。

 

高温を発生させるような家電製品のプラグなどを抜いておかないと、火災を防止するためのブレーカー操作では、不具合が生じてしまうこともありますので、予めプラグを抜いてからブレーカーを落とすようにしましょう。

 

さらにブレーカーを落とすということは、当然ですが、全ての電気の送電をシャットダウンさせるのですから、家の中の全ての家電製品が機能をストップさせてしまいます。

 

ということは、一番に心配をしなければいけいないのが、冷蔵庫の中のものなのです。

 

冬場の場合はそれほど気にする必要もないかもしれませんが、夏場の暑い時期などには、どうしても冷蔵庫の電気を落とすと中の物が腐れたり、いたんだりすることもあると思います。

 

ですかブレーカーを落として節電を考える場合は、冷蔵庫の中のものをどうするのか考えてから行なうようにしましょう。

 

ブレーカーを落としての節電は、少々煩わしいと感じている人も中にはいると思いますが、そういう人は、コンセントに着目した節電を行なうといいのではないでしょうか。

 

ブレーカーと同様に、コンセントの場合もかなり簡単に節電を行なうことができますので、早速実践してみるといいでしょう。

 

コンセントに着目した節電方法とは、コンセントがタコ足配線にならない程度にまとめるという極簡単な作業なのです。

 

たとえば、冷蔵庫のような常時稼働して、かなりの電力を使用すると思われる家電は除いた、残りのコンセントに関しては一箇所で管理をするといいのです。

 

こうすることで、外出時や就寝時には、一箇所にまとめたコンセントのプラグをだた抜き取ればいいのですから、とても簡単に節電をすることが可能となるのです。

 

さらに家電には待機時消費電力を発生させていることもありますので、プラグを抜くことでかなりの節電効果を期待することが可能なのです。

 

家電量販店にいくと、最近のコンセントを管理するものも販売されていますので、プラグから抜き取ることが嫌だという人は、スイッチ付きのタップに買い換えるのはいかがでしょうか。

 

これにより、必要な箇所だけの電力をシャットダウンすることも可能ですので、外出時や就寝時にかなりの手間を省くこともできますし、節電に大きな効果を期待することも可能となると思います。

 

その他にも最近では、タイマー付きのタップも発売されていますので、時間をセットすることで、電源を自動でOFFにする大変便利な機能がついたタップで節電を管理することが可能なのです。

 

プラグを抜くことを忘れたりする人には大変おすすめですよね。

 

コンセントの管理は、節電以外でも火災の防止にもなりますので、同時に行なってみるのはいかがでしょうか。

 

また、プラグを抜くことを忘れがちな人は、タイマー付タップを購入すると良いでしょう。

 

設定した時間に合わせて電源をオフにすることが可能ですので、楽に節電することが可能です。