リフォームを検討する時期

MENU

リフォームを検討する時期

リフォームを行わないと劣化が激しくなり、かえって費用が高くつくこともあるので、頃あいを見て実施したいものです。
何十年も同じ住宅に住んでいると、外壁にヒビが入ったり劣化したりするだけでなく、内部構造にも異常が発生します。
金属関連にサビが生じてきたり、家を支えている柱が腐ったりします。
このままの状態で住み続けると、家が傾いたりすることもあるので注意です。
定期的なリフォームは、住宅の内部構造をチェックする意味合いもあります。
ペンキの塗り替え・壁紙の張替えなどは、だいたい5~10年を目安にして実施しましょう。
大家族の場合、特に劣化が激しくなるのでリフォームまでの期間も短めに考えておきましょう。
そして、水周りの設備のメンテナンスも重要となります。
ボイラーやガスコンロなどは、メンテナンスを怠ると重大事故へと発展することもあります。
水周りや設備関連は、15~20年をめどにしてリフォームするべきでしょう。
エクステリアのリフォームの場合は、だいたい10年となります。
雨や風に当たりやすい外壁は、内装と比べても劣化が早くなります。
外壁にヒビが入ったり、タイルが割れたりすると、室内にまで水が浸入するケースもあるほか、給排水管の劣化にもつながります。