リフォームの流れ

MENU

リフォームの流れ

一連の流れを把握しておくと、見積もりからスムーズに対応できるでしょう。
初めに行うべきは、住宅のどの部分にリフォームを施すかです。
家族全員の意見を反映させながら決定します。
子どもの勉強部屋を作ったり、高齢者のバリアフリー空間を実現したり、いろいろと選択の余地があるはずです。
リフォームの概要が決定したら、業者に連絡して見積りを頼むことになります。
そして、リフォーム内容と費用などを参照しながらプランを決定していきます。
リフォームは万全ではなく、すべての場所に適応するとは限りません。
一から作り直さないと駄目なことも多いので、この辺は業者としっかり話し合いましょう。
見積もりに納得したら契約しますが、このとき作業日程やプランについても聞いておきます。
作業の進み具合は、当初の予定のまま進むとは限りません。
予想外のトラブルが発生することも多く、これは実際に作業を進めないと分かりません。
そのため、リフォームに要する期間は長めになると考えておきましょう。
工事が終わったら作業確認に入ります。
現場責任者と話し合いをしながら当初のプランと異なる点について確かめていきます。
すべての作業に納得したら引渡しとなります。
このとき、各種機器のメンテナンスやアフターサービスなどについても詳細を聞いておきましょう。